ベルギー Dovre(ドブレ)

オスロから北へ500キロメートル行くと、ノルウェーの誇るドブレという山脈があります。ドブレの名前は、ここに由来しています。 ドブレの薪ストーブはベルギー製として知られていますが、元々は1929年、鋳物専門メーカーとしてノルウェーで設立され工業製品の部品製造、 暖房器具製造・販売を行っていました。
1940~50年代に当時最先端だった鋳物製造技術を導入し暖炉、薪ストーブの製造・販売に力を注ぎ、 1972年には、広大な土地を求め、ヨーロッパの中心であるベルギー・フランダース地方アントワープ近郊に24万㎡の土地を購入しました。 本社、工場ともにそこに移り、薪ストーブも本格的な開発・販売を始めました。
ちょうどこの1970年後半には石油危機が起こり、薪暖房の需要が高まったことで、ドブレ薪ストーブ・ドブレ暖炉も順調に販売台数を伸ばしました。 その結果、ドブレの名を世界中に広めることとなり、ドブレ薪ストーブ・ドブレ暖炉は「暖炉・薪ストーブの代名詞」といわれるようになりました。 1981年には、最新技術を導入し、オートメーション化による近代的な工場をつくりました。 ドブレの強さは、暖炉・薪ストーブ市場での圧倒的な販売台数が証明しています。
このドブレ社は、工場見学もできるようでインターネットを検索しますと実際に見学をなされた方が数多く見え本当に人気のあるメーカーなんどということが実感します。

ドブレ社の特徴

"炎が主役"という理念から生まれた、大きなフロントウィンドウが印象的なのがドブレ薪ストーブです。 鋳物そのものの風合いを生かした精度の高い薪ストーブ製品は、鋳物専門メー力一だからこそ実現できました。 また、べルギー環境省から承認を受けた独自のクリーンバーン技術(二次燃焼)もドブレ薪ストーブの特徴のひとつです。 さらに、工具をほとんど使用せず、容易に分解・組立てが可能ことも特徴といってよいでしょう。